カテゴリ:■猫〜自らを語る( 4 )

ホームレスキャット・少納言〜自らを語る〜

f0206064_17535568.jpg

ボクがおっちゃんと出会ったのはもう何年も前、花冷えのする日のこと だった。そのときおっちゃんは、犬の大五郎を連れて、いまと同じクルマを引いて、いや押して歩いてた。ボクにはその段ボールの山がすごく心地よい寝どこに思えて、おっちゃんはボクのことを追い払うこともなかったので、一緒に暮らしてやることに決めてやった。おっちゃんの側からすれば、けったいな猫が来よったな、ま、大五郎と一緒に飼うたろかだけどね。
あ、ボクですか、自己紹介しますとね、どういうわけなのか、おっちゃんはボクのことを少納言と呼ぶもんだから、いつの間にか少納言って名前になってしまいました。なんでもええけどね。
で、しばらくはボク少納言と犬の大五郎とがおっちゃんの家族ってことになっていたけど、なんかおっちゃんにはフェロモンかなんか分泌してるのかね、どんどん増えて、又兵衛、小春、クラピッシュ、お玉、ケメ子、これは全て猫ですよ。それにウサギのピーター(このネーミングはベタすぎるとボクは思うのだが、なんでボクが少納言なのに、ピー ターってなによ)。それからもう一匹犬が増えて、ノビ太ってんだけど、おっちゃんがしんどいときは大五郎とノビ太がえっこらクルマを
引っ張ってるさ。猫様は天気のいい日は段ボールハウスの屋根の上で、 道行くお姉ちゃんの品定めしてんだけどね。
それにしても、こんだけいっぱいで一緒に暮らしてるのに、ボクらのご飯はどうしてんだろ。おっちゃん、まともに食ってないときもあるけ ど、ま、大丈夫みたいなので、ボクは気にしてない。気楽にやってくさ。うわ、もう書くスペースがなくなった。またいつか機会があったら、この犬猫ウサギおっちゃんの相愛関係でもすっぱ抜いてやるかな。ま、 おっちゃんはボクのことがいちばん好きみたいだけど。にゃああな、またどっかで会ったら、かつおでもくれや。
(gallery maggot/大木一範)

gallery maggot
大阪市西区新 町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F
06-6940-7257 
http://gallery.maggot-p.com
[PR]
by nekofun | 2009-04-11 17:58 | ■猫〜自らを語る

元ノラのクー・チチ・ジェフ〜自らを語る〜

f0206064_17431674.jpg
クー ボクがこのギャラリーに来てから「猫ふんじゃったなギャラリー」も7回目かぁ。なんか感慨深いよなぁ。
ジェフ 去年の秋からここに来たけど、人の出入りが多くて、なんか落ち着かんなぁ。
チチ アタチはクー兄ちゃんに出会えたので、ここに来て幸せぇ。だってアタチは独りぼっちで公園に捨てられたの。もぉ寂しくて「助けてぇ〜」てチ〜チ〜鳴いたわ。朝に男の人が気がついてくれたけど、行ってしまった。そしたら、お昼にも来てくれて、その時は声がかれるほどチ〜チ〜鳴いたけど、また行ってしまったの。三度目に男の人が戻って来た時は、もう鳴く気力もなかったけど、ひょいとアタチを抱き上げて、このギャラリーに連れて来てくれたの。
ジェフ 三度目の正直ってやつやな。
チチ 違うわっ!それまでにたくさんの人が公園を通ったのに、アタチに気をとめてくれたのは、その人だけだったんだから。泥だらけ、ノミだらけ、目ヤニだらけの哀れな仔猫にしたら奇跡の出会いよ。
f0206064_17432990.jpg
クー チチをはじめて見た時は、ボロ雑巾かと思ったもん。
チチ 失礼ねっ!クー 兄ちゃんだってノラ出身なくせに。
クー ボクは、ママとジェフと妹の4匹で外で暮らしていたけど、ママがボクにお乳をくれなくなったんだ。お乳が足らないので、身体の弱いボクは見捨てられたのさ。だから、ごはんを用意して「おいで、おいで」って誘ってくれた人の胸に飛び込んだ。だからボクは、自分で家猫への道を切り開いたというわけさ。
チチ クー兄ちゃん、カッコいい!
ジェフ そうかなぁ、ママは「人間は恐いから近づかないように」って言ってたのに。ヨタヨタとごはんに釣られて行っただけやん。
クー ボクはあの時、点滴されるほど衰弱してたんだぞぉ。おまえもママも、あれから、あのお家のお世話になってたじゃないか。
ジェフ うん、まぁね。だってママが「人間にも優しい人がいるから、お世話になっておきましょう」って言うだもん。
クー マザコンめ。あのお家は、のら猫を保護しては里親を探してくれる、とてもいい人たちなんだからなぁ。ママは人を見る目がないんだから。このギャラリーに来てからも、お客さんはボクの魅力にメロメロだし、だからギャラリー猫として、人に愛をふりまいているのさ。
チチ クー兄ちゃん、カッコいい!でも、アタチはママを知らないの。お乳の味も知らないままに、生まれてすぐ人に捨てられたから。だから、人間はみんないい人だなんて分からなわ。
ジェフ 人にいじめれた経験がある猫なら「人間は恐いぞぉ」って仔猫に教えるもんな。人間だって、知らない人に声をかけられたら逃げるようにって、子供に教えてるんやろ。
クー こんな話があるんだけど、大阪城公園にボクとそっくりの白猫が捨てられて、家猫だったみたいで、ノラ猫に毎日エサやっているおばさんにすり寄って甘えるんだって。でも、ノラのテリトリーに入れなくて、ケガをしてうずくまっていたので、おばさんはすぐ病院に連れて行って保護した。それから里親を捜したら、人なっこいので、すぐに飼ってくれる人が見つかったって…。人なっこさのおかげで、過酷なノラ生活が1ヶ月ですんだんだから、人を信じる方が得だよ。
チチ でも、人間の子供が、大阪城の石垣の中に猫がいると穴に石を詰めたり、火のついた新聞紙をほりこんだりするっていうじゃない。子供でも、そんなひどいことするのよ、人間は。
ジェフ 要は、猫も人間も、親がどんな教育をしてるんかで、決まりやな。
f0206064_17433951.jpg


写真上より、チチ、クー、ジェフ。


10w gallery
大阪市中央区平野町1-6-8-901 メロディハイム平野町10F
tel 06-4707-4356 fax 06-6202-1235
http://www.10w.jp/

blog「ギャラリー猫の憂鬱」
http://cat10w.exblog.jp/
[PR]
by nekofun | 2009-04-11 17:49 | ■猫〜自らを語る

元ノラのクー・チチ・ジェフ〜自らを語る〜

f0206064_16153144.jpgチチ でも、人間だって、ノラちゃんがのんびり昼寝してる姿を見たら心がなごむと思うんだけどアタチ…。
クー 捨てられた仔猫を、見て見ないふりするか、助けるか、痩せこけたノラを見て、ごはんをあげるか、追い払うか、 いい人、悪い人、真ん中の人がいるから、人間をもっと観察しなくちゃ。
チチ そんなこと言って、クー兄ちゃんはほとんどノラしたことないくせに。
ジェフ クーがギャラリーにもらわれて行った後、ボクはばあちゃんの子になったんやけど、雨戸を開ける時にすり抜けて、外で遊んだわぁ。ノラとケンカして耳かじられたり、飼い猫に横恋慕して忍び込んだら洗濯機の中に閉じこめられたり、よその家の庭砂でオシッコして石投げられたり、無断外泊もしたし…。外の世界はスリルがあっておもろかったなぁ。
チチ エ〜。ジェフ兄ちゃんって、ワルねこぉ。
クー ジェフみたいな奴がいるから、猫のイメージが落ちんだよ。
f0206064_16154661.jpg
ジェフ で、家に帰れば、ごはん。カリカリは嫌いなんで、ばあちゃんに「缶詰!缶詰!缶詰!」って甘えれば、根負けして缶詰を出してくれる。
チチ だからジェフ兄ちゃん、ブタブタなんだわ。でも、アタチも缶詰食べたい!
クー おまえら、食い気かよ。でも、住民みんなでノラ猫を育てている地域猫っていう暮らしもあって、ごはんと寝床とトイレの世話をしててくれるんだって。ノラが安心して暮らせる街は、いい人が多いってことで、不動産価値が上がるってウワサだよ。
ジェフ おまえ、どこでそんな話聞いてくるんや。
クー まぁ、だてにギャラリー猫をしてるわけじゃないからね。
ジェフ でも、缶詰と安全があるなら、俺はノラでもええけどなぁ。f0206064_16161911.jpg
チチ アタチは家猫がいい。ふかふかの毛布で寝たいし、ブラッシングもして欲しいの。
クー ボクは、ギャラリー猫としての責務があるからね。でも、おまえら、自分のことだけしか考えてないんだなぁ。
チチ クー兄ちゃんだって、お客さんに撫で撫でして欲しいからギャラリーにいるくせに…。
クー わかってないなぁ、ボクは存在することで猫としてのアートを表現してるんだよ。
チチ クー兄ちゃんって、ナルシストぉ。

写真上より、チチ、クー、ジェフ。

10w gallery
大阪市中央区平野町1-6-8-901 メロディハイム平野町10F
tel 06-4707-4356 fax 06-6202-1235
http://www.10w.jp/

blog「ギャラリー猫の憂鬱」
http://cat10w.exblog.jp/
[PR]
by nekofun | 2009-04-10 14:15 | ■猫〜自らを語る

居候猫ビースケ〜自らを語る〜

f0206064_13285891.jpg 僕は小さかったから、どうしてお母さんとはぐれたかは覚えていないんだ。歩きくたびれて、草ぼうぼうの庭で泣いていたら、家の人が塀の上から覗いて、「あれっ子猫だ」って。僕は必死で塀の下の隙間からはって出た。家の人は困った顔をしていたけど、すぐドライフードをくれて、夢中で食べたよ。ここにいたらごはんをもらえそうと、うれしかった。
 でも、家のなかに入ったら、先輩猫が3匹もいた! みんなにジッと見られて固まっていたら、シャム猫風のお姉さんが来て、頭をふたつみっつ叩かれた。それからは、みんなの邪魔にならないように注意して暮らしている。今は先輩猫は1匹だけになったけど、やっばり居候体質は抜けない。ビッキ(通名ビースケ)オス 14歳 キジトラ
 
 飼い主より⇒体が大きいから誤解されるけど、自分からケンカしたこともない、ほんとに気が優しい奴です。(mana)
[PR]
by nekofun | 2009-04-10 13:29 | ■猫〜自らを語る