ホームレスキャット・少納言〜自らを語る〜

f0206064_17535568.jpg

ボクがおっちゃんと出会ったのはもう何年も前、花冷えのする日のこと だった。そのときおっちゃんは、犬の大五郎を連れて、いまと同じクルマを引いて、いや押して歩いてた。ボクにはその段ボールの山がすごく心地よい寝どこに思えて、おっちゃんはボクのことを追い払うこともなかったので、一緒に暮らしてやることに決めてやった。おっちゃんの側からすれば、けったいな猫が来よったな、ま、大五郎と一緒に飼うたろかだけどね。
あ、ボクですか、自己紹介しますとね、どういうわけなのか、おっちゃんはボクのことを少納言と呼ぶもんだから、いつの間にか少納言って名前になってしまいました。なんでもええけどね。
で、しばらくはボク少納言と犬の大五郎とがおっちゃんの家族ってことになっていたけど、なんかおっちゃんにはフェロモンかなんか分泌してるのかね、どんどん増えて、又兵衛、小春、クラピッシュ、お玉、ケメ子、これは全て猫ですよ。それにウサギのピーター(このネーミングはベタすぎるとボクは思うのだが、なんでボクが少納言なのに、ピー ターってなによ)。それからもう一匹犬が増えて、ノビ太ってんだけど、おっちゃんがしんどいときは大五郎とノビ太がえっこらクルマを
引っ張ってるさ。猫様は天気のいい日は段ボールハウスの屋根の上で、 道行くお姉ちゃんの品定めしてんだけどね。
それにしても、こんだけいっぱいで一緒に暮らしてるのに、ボクらのご飯はどうしてんだろ。おっちゃん、まともに食ってないときもあるけ ど、ま、大丈夫みたいなので、ボクは気にしてない。気楽にやってくさ。うわ、もう書くスペースがなくなった。またいつか機会があったら、この犬猫ウサギおっちゃんの相愛関係でもすっぱ抜いてやるかな。ま、 おっちゃんはボクのことがいちばん好きみたいだけど。にゃああな、またどっかで会ったら、かつおでもくれや。
(gallery maggot/大木一範)

gallery maggot
大阪市西区新 町1-8-24 四ツ橋プラザビル7F
06-6940-7257 
http://gallery.maggot-p.com
[PR]
by nekofun | 2009-04-11 17:58 | ■猫〜自らを語る
<< 猫イベント・インフォメーション 元ノラのクー・チチ・ジェフ〜自... >>